ヘルプ
堀江航

プロフィール

日本体育大学体育学部卒業
イリノイ州立大学院体育学・教育学修士課程卒業 学業優秀選手賞受賞

1979年5月25日生まれ、東京都出身。
日本体育大学3年時、部活帰りのバイク事故により左足切断にも関わらず大学を卒業。その後友人の勧めで、東京愛好スポーツクラブで車いすバスケットボールを始める。2008年、アメリカにあるイリノイ大学に留学後、3年間、英語の勉強とバスケの練習に打ち込む。2009-2010シーズンには、日本代表として全米選手権に出場。また、アイススレッジホッケーを始めるとすぐに日本代表に召集され、世界選手権大会Bプールに出場し、銀メダルを獲得。最終戦ではゲームMVPに選出。

一つの競技にとらわれず、車いすバスケットボール、車いすソフトボール、アイススレッジホッケーなど複数の競技で日本代表選手に選出され、マルチアスリートとして活躍中。最近では、健常者に混じってブラジリアン柔術の大会に出場するなど、障がいの有無に拘らずスポーツを楽しめることを体現している。選手活動以外には、“心のバリアフリー”推進のため、各地での講演会を実施。 “個の尊重”をキーワードに、障がいを個性として捉え、何事も楽しむことの大切さを伝えている。独自のスタイルを持ち、その自由なプレースタイルがスポーツ界での注目を集めている。

出身地

  • 東京都

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • ハンディキャップ / スポーツ

主な講演テーマ

「個の尊重」

「個」となにか。人をモノではなく、機械でもなく、一人の人間として、一人の人格をもっと存在として尊重することの大切さ。
差別を受けることなく、いきいき能力を発揮できる社会の構築。
そんな強い想いを伝える講演

講演ジャンル

「障がいを持つことは誰にでも起きうること」

突然のバイク事故による左足切断。
第一線で活躍しているさなかでの事故
自分には起こることのない事、関係のないものだと考えていたことが現実に起こった。危機管理能力の大切さ、障がいを持つ人のための環境整備など、自身の体験談を盛り込みながらの講演

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop