ヘルプ
八重樫東

プロフィール

黒沢尻工業高時代には2000年のインターハイ優勝、拓殖大では2002年の国体優勝などアマチュア通算70戦56勝という成績を残し、鳴り物入りで大橋ボクシングジムに入門。
当時の日本最速タイとなるデビューから5戦でOPBF東洋太平洋ミニマム級王座を獲得し順調なキャリアを歩む。しかし2007年の初めて挑んだ世界戦では顎を2箇所骨折、判定負けを喫すると、その後は低迷し、日本タイトルすら遠ざかる日々が続いた。
2009年からは日本ランクも徐々に復調し、2011年に4年ぶり2度目の世界挑戦でWBA世界ミニマム級王者に輝く。翌年には自身の初防衛戦としてWBC同級王者・井岡一翔とのWBA・WBC王座統一戦に臨んだが、激しい打ち合いの末、僅差ながらも判定で敗れ王座から陥落した。
2013年にはWBC世界フライ級王者を獲得し、その後は3度の防衛に成功。
2014年はフライ級、ライトフライ級の世界戦で2戦連続のKO負けを喫し、一時は引退も示唆したが、2015年にIBF世界ライトフライ級王座を獲得し、日本人としては3人目の3階級制覇に成功、続く2016年5月には初防衛に成功した。
「激闘王」とも呼ばれる撃たれても撃たれても前に進む、泥臭いファイティングスタイルとは裏腹に、王者になっても謙虚すぎる姿勢や人懐っこい性格、そして3人子供の子育てなどが注目を浴び、多くのファンに愛されている。
また現役プロボクサーながら、セルフマネジメントについてなどの講演活動や著書を発売するなど幅広く活動中。

出身地

  • 岩手県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • ボクシング / マネジメント / セルフコントロール

主な講演テーマ

逃げない、投げない、あきらめない

インターハイ優勝、国体優勝と鳴り物入りでプロデビューし、プロでも順風満帆なスタートを切ったかの様に見えた八重樫のボクシング人生は世界王者目前で大きな壁にぶつかる。
そこからの挫折の日々と、偶然訪れた再起の道。そして八重樫のボクシング人生を大きく変えた、打たれても打たれても泥臭く立ち向う現在のスタイルを確立。
その後、見事復活し二度の世界王者に輝くも、再び挫折を味わい引退も覚悟していた八重樫は大橋会長、松本トレーナーをはじめ先輩ボクサー、家族の存在に支えられながら、再び復活を遂げ見事日本人史上3人目の3階級制覇を成し遂げた。
何度も大きな壁にぶつかり、引退の危機を乗り越えてきた八重樫だからこそ語れる逃げない、投げない、諦めないモチベーションのコントロール術をお伝えします。

講演ジャンル

我、弱き者ゆえに ~弱者による勝利のマネジメント術~

アルバイトをしながら練習に励み、ついに勝ち取った世界の頂点。自分が弱いことを自覚していたからこそ見えてくる「勝利への道筋」。ボクサーには珍しく、謙虚なのも自分のレベル、自分の能力を正確に把握し受け入れているから。セルフマネジメントはまず自分を正しく理解することから始まる。弱者が勝利を掴み取るまでのマネジメント術を自己体験を交えて語る。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop