ヘルプ
宮崎学

プロフィール

1949年、長野県生まれ。
自然と人間をテーマに、社会的視点にたった「自然界の報道写真家」として活動中。最新刊「となりのツキノワグマ」「イマドキの野生動物」などが発刊中。ホームページでは、中央アルプス山麓の仕事場をライブカメラにて24時間中継し、「家に居ながらにして自然が感じられる」と好評。
・公式サイト 森の365日http://www.owlet.net/ 
・講演案内 http://www.miyazakigaku.net/
【受賞歴】1978年「ふくろう」 第1回絵本にっぽん大賞
1982年「鷲と鷹」 日本写真協会新人賞
1990年「フクロウ」 第9回土門拳賞
1995年「死」で日本写真協会年度賞
「アニマル黙示録」 講談社出版文化賞受賞

出身地

  • 長野県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 写真家 / 自然 / 動物

主な講演テーマ

イマドキの野生動物

全国を精力的に取材したスライド写真100枚以上を上映しながらの迫力ある1.5時間をお届けします。野生動物と向き合うためのヒントが盛りだくさん。全国を廻り取材した貴重なスライドと共に目からウロコの面白い話が聴ける90分です。

講演ジャンル

アニマルアイズ・動物の目から見た環境問題

自然環境の変化を受けて変わりゆく動物地図、日本の自然に溶け込む外来動物、人間なんてこわくない!新世代動物など。
動物たちの目線からみた人間社会がおもしろい。
中学生から大人まで楽しめる環境学習

講演ジャンル

間違いだらけの環境問題・獣害について考える

「自然破壊」って何?人間が思うほど自然は実はヤワではない…
人間のつくった道を堂々と歩くタヌキ、キツネ、鹿、サル、ツキノワグマ
人間が歩いて快適な道はけものたちにとっても気持ちのいい散歩道。
子どもたちも自転車で遊歩道にやってきた。誰ひとりとしてここをツキノワグマが歩いてるなんて知らない…。
人里へ出てきたツキノワグマを捕獲してお仕置きをしてから山奥へ放すのが日本の自然保護。
けれど日本には「山奥」なんてない。
人間のこうした間違った行為が、手負いグマを増やすことにならないことを祈るのみ。

講演ジャンル

自然教室・写真教室・ワークショップ

斬新奇抜な発送と卓越した撮影技術で知られざる野生動物のひみつを痛快にルポしている写真家宮崎学。いっしょに森を歩きながら、自然の見方、ヒント、撮影のコツを学んでみませんか。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop