ヘルプ
野村弘樹

プロフィール

PL学園高では高校3年時に春・夏連続して甲子園で優勝。立浪和義(元中日)、片岡篤史(元阪神)、橋本清(元巨人)といった後にプロ入りする選手が揃った「史上最強」ともいわれるチームのエースとして活躍した。1987年のドラフト3位で横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に指名を受け入団。1年目に高卒ルーキーとしては史上5人目の「初登板初完封勝利」を挙げる。
93年には17勝を挙げて最多勝を獲得。98年には13勝で38年ぶりのリーグ制覇、日本一に貢献。その後は怪我の影響もあり2002年に現役を引退。
引退後は古巣の横浜ベイスターズのコーチを務め、現在はフジテレビ系列「すぽると!」などでスポーツコメンテーターを務める傍ら、桜美林大の特別コーチにも就任するなど後進の育成にも努めている。

出身地

  • 広島県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 野球 / 経験 / 人材育成

主な講演テーマ

座右の銘は「感謝」

高校で春夏連覇、プロ1年目に初完封勝利を成し遂げるなど、栄光に満ちた野球人生に見えるが、本人は奢ることなく周りへの感謝を忘れない。その姿勢は、現役引退会見でのコメントにも表れている。「ボールも速くないし、凄い変化球を持っているわけでもないピッチャーが、15年もやってこれました。自分一人ではどうにもならないことだから、家族・チームメイト・監督・コーチ・球団・ファンに支えられたからだと思います。101勝も出来たことに周りの人たちに感謝したい」

講演ジャンル

結果を残す人材の条件

20世紀の高校野球における絶対王者・PL学園でエースとして甲子園で春・夏と連覇。同学年には立浪、片岡、橋本、2学年上には桑田、清原を擁し、厳しい高校3年間を生き抜いて、結果を残した。PLの強さの秘密、選手育成とは?
当時の中村監督から教わった「球道即人道」は今でも座右の銘となっており、結果を残す人材との関係性を語る。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop