ヘルプ
磯崎博史

プロフィール

■経歴
1962年、茨城県水戸市生まれ。日本大学文理学部国文学科卒業後、編集プロダクション、出版社、メーカーの広告宣伝部などでの勤務を通して「伝わる日本語」の追究を重ねる。そのキャリアを生かし、2003年に校正者/リライターとして独立。以来10年以上にわたり200冊以上の書籍の誕生に携わる。

現在は、企業内で記される文章の品質を高める日本語品質コンサルタント®として、各社における育成指導やアドバイス等に従事している。さらに、近年は翻訳業界などにおいて、日本語力向上をテーマとした各種公開セミナーおよび連続講座の講師も数多く務める。

■専門分野
日本語の文章における品質向上促進(読みやすく、わかりやすく、正しいものに)

出身地

  • 東京都

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 研修 / マーケティング / 伝わる日本語

主な講演テーマ

伝わる文章を書こう ~推敲力は遂行力!~

■「買っていただく」ために、伝わる日本語を身につけましょう

研修タイトルのとおり、現在、私は企業様のマーケティング部門などで「伝わる文章」の書き方についてお話ししています。現状として、商品・サービスの案内文などの作成においては、大手の企業様であっても「伝える」ことが目的化し、「伝わる」ことが意識されていないケースが多く見られます。

マーケティング担当者の中にも、日本語の読みやすさ、わかりやすさ、正しさを真剣に追究している方はほとんどいません。むしろ、小手先のテクニックを学ぼうとしている風潮があります。キャッチコピー関連の書籍が売れているのは、その傾向の表れです。

しかしながら、マーケティングの目的は「買っていただく」ことにあります。そのために、伝わる日本語が書けることは不可欠です。

ぜひ、利益に直結する部門から始めて、伝わる日本語を身につけてゆきましょう。そのためのお手伝いに精いっぱい努めます。

■研修の目的、および特徴

マーケティング担当者向けに、「伝わる文章」を書くためのスキルを伝授します。講義は実習を中心とした対話型で、

・「推敲力は遂行力!®」を合言葉として、文字入力後の推敲に力を入れる
・文法用語をなるべく使わず、たとえば「助詞」なら「てにをは」にするなど、わかりやすく言い換えて進める
・実習では、社内で実際に記された商品・サービス案内文などを素材とし、気づきと学びを深める

の三つを基本方針として行います。現在、おかげさまで実施企業様から「実践的で、とてもわかりやすい」とのお声をいただいています。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop