ヘルプ
山本寛

プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒業。その後、銀行、市役所に勤務、大学院を経て、現在青山学院大学経営学部教授(人的資源管理論・人材育成論担当)。博士(経営学)。働く人のキャリアの発達とそれに関わる組織のマネジメントの問題を専門にしています。具体的には
(1)多くの人に訪れるキャリアの停滞を防ぐには
(2)企業が優秀な人材をやめさせず引き留めるにはどうすべきか(リテンション)、
(3)働く人が自分のキャリアを発達させるには。企業はそれをどう助けるか
(4)リストラされず勤め続ける能力・転職できる能力を高めるには
というう4つのテーマです。多くの講演で、ディスカッション、ワークやビデオ上映を併用し、聴いている人にもできるだけ参加してもらう講演を心がけています。

出身地

  • 神奈川県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • キャリア / 企業 / モチベーション

主な講演テーマ

中堅社員と管理職のキャリアの停滞を防ぐには~その原因と影響

第二次ベビーブーム世代を中心に、多くの企業で社員の昇進が遅れてきています。また、忙しいだけで仕事に喜びを見出せないなど、モチベーションの低下や成長実感のなさを訴える中堅社員の方々が増えています。昇進してもこれまでと同じ業務に時間をとられ、本来の部下の指導・育成の仕事ができないと訴える管理職の方々も多くみられます。これらのスランプとは異なる、キャリア発達の停滞は見過ごすことができない問題です。なぜなら、昇進の停滞やマンネリ化・挑戦性欠如などの仕事の停滞によって、業績が低下し、優秀な人材が退職してしまうことが考えられるからです。肝心なのは、働く人一人ひとりがキャリアの停滞からの脱却をどのように図るのか、また企業はそれをどのようにサポートしていけばよいかということです。本講演では、キャリアの停滞の原因とその対策について、ディスカッションやワークを交えながらお話します。聴講される方々の体験も踏まえた実践的な内容を心がけています。

講演ジャンル

企業が優秀な人材をやめさせず引き留めるには

企業の業績を高めるには、有能な人材を採用するだけでなく、入社した人材が組織にとどまり、その能力を発揮してもらうことが必要です。なぜなら、いくら優秀でも、その人材が能力を発揮するまでには、研修やOJTを含め、ある程度の期間が必要だからです。短期間で転職されてしまうと、彼らのために使った採用や研修のコストが無駄になってしまいます。また、長期的にみると、長く勤めている社員がもっている知識・スキルやノウハウが失われます。そこで肝心なのは、長く勤めてもらいたい社員とはどのような人材であり、長く勤めてもらうためのマネジメントを行うことなのです。本講演では、採用難のなか、苦労して採用した有能な人材や中堅の幹部候補生に転職されないためのポイントについて、ディスカッションやワークを交えながらお話します。聴講される方々の業種、職種などに合わせた内容を心がけています。

講演ジャンル

働く人が自分のキャリアを発達させるには。企業はそれをどう助けるか

リストラの実施、若い人を中心とした転職の増加や非正規社員の増加によって、人々のキャリアは多様化してきました。一つの企業で職業生活を送ることを考える人ばかりではなくなってきたのです。そこで重要なのが、キャリアとは何か、キャリアが発達するとはどういうことなのかなどを理解し、同時に、キャリアの発達のために企業からどのような援助を得ていくかを知っておくことです。なぜなら、一人ひとりが他の人と違う自分のキャリアを考えることが求められるようになってきたからです。同時に、キャリアを発達させる場として所属企業を考える人々もまた多いからです。重要なのは、自分のキャリアの特徴を理解し、異動や転勤などのキャリアの節目ごとに目標を立てながら、しかし場合によってはその目標にこだわらず、時代の変化や偶然をうまく利用しながら仕事をしていくことです。本講演では、自分のキャリアの発達につながる考え方について、ディスカッションやワークを交えながらお話します。聴講される方々の体験も踏まえた実践的な内容を心がけています。

講演ジャンル

リストラされず勤め続ける能力・転職できる能力を高めるには~本人と企業にできること

終身雇用、年功処遇が崩壊してきた現代、働く人には今の企業でリストラされず勤め続けられる能力と転職できる能力の両方が求められます。こうした雇用される能力または雇用され続ける能力をエンプロイアビリティといいます。万が一リストラされた場合の「保険」になるからです。また、企業にもエンプロイアビリティの高い社員は必要です。社員のエンプロイアビリティが高ければ、やむを得ずリストラせざるを得ない場合でも退職者から過度な恨みを買い、残った社員のモチベーションを下げることを防げるからです。重要なのは、エンプロイアビリティ向上に役立つように、働く人が資格取得などの自己啓発を行い、企業が社員のために研修を行うことなのです。本講演では、働く人にも、企業にも求められるエンプロイアビリティを高めるポイントについて、ディスカッションやワークを交えながらお話します。すぐに使える実践的な内容になります。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop