ヘルプ
伊藤潤一

プロフィール

伊藤 潤一 (いとう じゅんいち)
書家・アーティスト 1986年12月19日 三重県出身
故宮博物院国際正会員 / みえの文化びと登録 / 三重県文化新人賞 受賞 /東久邇宮文化褒賞 受賞

2007年3月、一人の書家との出逢いをきっかけに、筆と墨を使った表現活動を始める。ストリート時代を経て、2013 年からは活動の舞台を海外にも広げ、国境を越えた文化の力を発信中。フランス、イタリア、スイス、台湾など、世界主要都市にも実績があり、台湾では世界三大博物館のひとつ「國立故宮博物院」より、日本人で初めて国際正会員として認定される。その後、2015年開催のイタリア・ミラノ国際博覧会へも参加し、2016 年には主要国首脳会議(G7伊勢志摩サミット)配偶者プログラムにてディナー会場の演出も手掛ける。2017年、F1日本GP公式タイトルロゴデザイン担当。2018年には民間最高の褒賞と言われる東久邇宮文化褒賞を受賞。和の精神、日本文化の探求を軸に、寺社仏閣への奉納を通し、世界に日本文化と思想を発信している。

出身地

  • 三重県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 書道 / アート / 夢

主な講演テーマ

書道パフォーマンス

大きな紙に大きな筆を使って一気に作品を書き上げます。 ホンモノの墨の香りが空間を包み込む和の空間芸術として国内外で多くの実績があり、 書き上げたものだけが作品ではなく、書き上げていく過程や時間、空間すべてを感じていただく芸術表現です。海外の方が多数出席するイベント、企業式典、企業パーティーなどで、「書」の演出で会場を盛り上げます。

講演ジャンル

題字、筆文字ロゴ

日本国内で多くの人と向き合い、海外でたくさんの経験をしてきました。日常の何気ない文字から歴史に残る名筆まで、様々な文字を探求し、自らが世界を見た感覚と和えながら、世界に通用する「文字の力」をご提供します。ドラマ、映画、新商品など。

講演ジャンル

トークライブ

田舎の路上から始まった活動は、10年の月日を経て世界へとつながりました。 人と出会い、人に学び、人と共に成長し、 決して平坦ではなかった道のりで見つけた「生きる意味」と「生きるよろこび」を多くの皆様と共有したいと思っています。 自身の著書『路上から世界へ』をもとに、路上での経験や人との繋がり、 誰よりも低い目線から見てきた世界の話、今、世界中で「書」を通し感じていること等、 一切台本のない伊藤潤一のインスピレーションによるトークを展開します。 [過去実績] 教育機関、学会、NPO等

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop