ヘルプ
山嵜一也

プロフィール

建築家/一級建築士/山嵜一也建築設計事務所代表
1974年東京都出身。芝浦工業大学大学院修了。レイモンド設計事務所を経て、2001年単身渡英。観光ビザでの500社以上の就職活動(断りのレターは59通)から英国建築生活を開始。ヘイクス・アソシエイツ勤務時のワイカラー・ビジター・センターでRIBA賞入選。アライズ・アンド・モリソン・アーキテクツ勤務時に欧州最大級のハブ駅キングスクロス・セントパンクラス地下鉄駅(ICE Awards 2010, National Rail Awards 2010受賞)の設計現場監理担当。ロンドン五輪では招致マスタープラン模型、レガシーマスタープラン(メーン会場跡地利用計画)、グリニッジ公園馬術競技場の現場監理に関わる。個人でも第243回英国王立アカデミー・オブ・アーツ・サマーエキシビション入選。イタリア・ベネトン社店舗計画コンペファイナリスト。スイス家具メーカーのオークションで椅子パターン発表など。2013年1月に日本へ帰国。東京を拠点に設計活動。芝浦工業大学WEB型非常勤講師(2007-2012)。女子美術大学非常勤講師(2015-)。一級建築士。www.yamazakikazuya.com
著書に【イギリス人の、割り切ってシンプルな働き方 ~“短く働く”のに、“なぜか成果を出せる”人たち~】(KADOKAWA)がある。

出身地

  • 東京都

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 建築 / キャリア / オリンピック

主な講演テーマ

成熟都市五輪。ロンドンにはあって東京にはないもの。 ~日本人建築士が働いたロンドン五輪~

 2020年夏、東京に五輪がやって来ます。

 しかし、メーン会場となる新国立競技場や大会エンブレムなど東京五輪の準備に向けて多数の問題を抱えており、同じ成熟都市で開催された2012年ロンドン五輪がどうだったかに注目が集まっています。

 私、山嵜一也は2001年から2012年までの12年間、英国ロンドンで建築設計士として働いておりました。そこでロンドン五輪招致マスタープラン模型、レガシーマスタープラン(メーン会場跡地利用計画)、グリニッジ馬術競技場現場監理と関わり、サスティナブル(持続可能な)五輪を建築士として経験し、祭りの高揚感を市民として体験しました。
 ロンドン五輪競技場の特徴は以下の3つです。1か月半のイベントのためならば【祭りやぐら】のような簡素な競技場で良いという割り切り。その分、観光都市ロンドンの街並みを【都市の借景】として活用し、選手の肩越しに魅せる。そして、世界中が注目するイベントを伝えるテレビ、パソコン、スマホなどあらゆるメディアの画面に対して【見得を切る】競技場配置計画と現場のカメラワーク。

 『競技場は夏祭りの“脇役”でしかない!』そのような成熟した英国流の考え方がありました。ハコモノとは違う競技場のような持続可能な英国の考え方を多数の写真と共にご紹介することで、東京五輪に必要なことを皆様に一緒に考えたいと思います。

講演ジャンル

日本人が英国のクリエイティブ環境で働く方法。~観光ビザでの就活からロンドン五輪競技場まで~

観光ビザで500社以上の就職活動。断りのレター59通。留学ではなく働くことを目指して海を渡ったのは、英国の働き方、生き方を見たかったからです。
お金を払うのではなく、貰って生活をする。必要ならば採用され、なければクビになる。リアルな英国の風景が常に目の前に広がっていました。

00年代好景気の英国を象徴するかのような多国籍チームではたくさんの誤解も生まれます。しかし、そのムッとする瞬間こそがコミュニケーションの出発点。相手を拒絶していたら距離は縮まりません。
日本の考え方だけでなく、英国の考え方すら通用しない。正解がない。答えは一つではない。相手を説得し、自分を納得させます。
屈強な身体の作業員のいる建設現場では、小さなコミュニケーションの積み重ねでしか信頼が得られないことを埃まみれになりながら学びました。
理解しようという覚悟。それは「コミュニケーション能力=語学力がある」とは別の話。ネイティブの中で伝わる英語を模索しながら指示する現場監理、参加する定例会議。

仕事で使える言語能力は、嫌な思い、悔しい思いでしか身に付きません。12年間の英国生活で4度の解雇。そこで体験した英国の建築現場の風景を多数の写真と共にお伝えします。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop