ヘルプ
豊田健一

プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長などを経験後、ウィズワークス株式会社入社。現在、日本で唯一の管理部門向け専門誌『月刊総務』の事業部長兼編集長。一般社団法人ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアムの理事や、総務育成大学校の主席講師、All Aboutの「社内コミュニケーション・ガイド」も務める。

出身地

  • 大阪府

依頼料

  • 30万円未満

キーワード

  • 人材育成 / OJT / コミュニケーション

主な講演テーマ

総務向けセミナー 守りから攻めへ!戦略総務実現のための思考方法

「総務が変われば会社が変わる」と言われておりますが、一方で「社内で評価されないし、目標が立てられない」「ルーチンがメイン業務」とネガティブな見方をされているケースもあります。なければ困る総務部ですが、評価がされにくい部門でもあります。総務部自らが「攻めの意志」を持って、ポジティブに仕事をしていきたいと思っている総務担当者は多いはずです。
本セミナーでは、総務業界に精通した講師が「守りの総務」から「攻めの総務」「戦略総務」実現のための思考方法を解説します。

講演ジャンル

総務向けセミナー 社内コミュニケーション活性化

アベノミクスが進めている一億総活躍社会。ダイバーシティやグローバル化により、社内コミュニケーションがますます重要となり、また難しくなってきています。
さらに企業内ではイノベーションが求められ、その解決には社内外のコミュニケーションが必須の条件となります。
組織のベースを形作るコミュニケーションを、オフィスのレイアウト、社内イベント、社内報などの社内メディアを連動させて活性化する方法を解説します。

講演ジャンル

広報向け 読まれる社内報の作り方

グローバル展開の進展、ダイバーシティ。さまざまな国籍、価値観の従業員を、一つにまとめていかなければならない時代。そして、時代の流れが早い現代では、素早いレスポンスが求められます。規模の大きな組織を素早く動かすには、さまざまな社内広報メディアをしっかりと有機的に設計し、それぞれのメディアを、使える情報メディア、信頼できる社内メディアとして日々活用、メンテナンスしていく必要があります。いまほど、社内広報、社内報が重要な時代はありません。
本セミナーの講師は、社内報の企画立案、編集制作の実務経験は10年に及び、その間、様々な業種の社内報の創刊、リニュアル、コンサルティングを実践。社内報の研究機関において、社内報コンクールの企画・運営・表彰、社内報についての白書の執筆、その他多くのメディアに原稿を執筆。また、セミナー講師や社内報の異業種交流会のファシリティターを数多く行っている。社内報の専門家や、多くの社内報担当者のネットワークを通じた豊富な事例から導き出された社内報理論は、従来の編集技術中心のものではなく、社内報のあり方から、読者の捉え方、社内報担当者のあり方まで幅広く考察されています。
社内報を見直したい企業の担当者必見のセミナーです。

講演ジャンル

営業向けセミナー 総務を攻める営業向け総務を知るセミナー

一般の営業セミナーは、優秀な営業マンが、攻めての立場から語ったものであり、営業を受ける側から、優秀な営業マンを語ったものはほとんどありません。
受ける側がどのような課題を持ち、どのようなことを日々考えているのか。そのポイントをはずして、果たして効果のある営業が可能でしょうか? モノやサービスが売れるのでしょうか?
このセミナーの講師は3000人の会社、300人の会社の総務部、総務課長を経験しており、さらに、攻める側である、営業の経験もあります。生々しい、迫力のある実体験を語ることができます。
また、日本で唯一の総務専門誌、『月刊総務』を通じて、総務部で働く人々の課題、関心事を大規模な調査により把握、分析もしています。
「総務部の実体験」を持ち、「総務部の今」を知るセミナー講師が、総務部に対して、営業する際、どこをアピールすべきか、どのようにアピールすべきか、総務部向け営業のポイントを解説します。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop