ヘルプ
坂本真樹

プロフィール

1998 年東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程修了(博士(学術))。1998 年東京大学助手、2000年電気通信大学講師、准教授を経て、2015年より同大大学院情報理工学研究科教授。2016 年より同大人工知能先端研究センター教授を兼務。人工知能学会理事。国際会議でのベストアプリケーション賞や人工知能学会論文賞など受賞多数。言葉と感性の結びつきに着目した文系的な現象を、理工系的観点から分析し、人工知能に搭載することが得意。著書に「坂本真樹先生が教える人工知能がほぼほぼわかる本」(オーム社)、「坂本真樹と考える どうする? 人工知能時代の就職活動」(エクシア出版)、「感性情報学―オノマトペから人工知能までー」(コロナ社)などがある。オスカープロモーション所属(業務提携)でメディア出演多数。

出身地

  • 北海道

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 人工知能 / AI / オノマトペ

主な講演テーマ

人工知能に代替されないために知っておきたい人工知能の強みと弱み

2012年に人工知能は第3次AIブームという新たなフェーズへと進化しました。将棋や囲碁で人間に勝ち、医療への応用が進み、対話もでき、自動運転車の実現というSFさながらのことが実現しようとしています。人工知能の強さが報道され、人工知能に置き換わる可能性が高い仕事が発表され、人工知能に仕事を奪われるのではないかと不安に思っている人もいらっしゃるようです。このような不安は、人工知能についてよく理解して頂くことで軽減されると思います。人工知能時代の就職活動についての本も執筆している講師ならではのお話をお聞きいただき、人工知能が幅広く応用される未来社会に備えていただきたいと思います。

講演ジャンル

人工知能をビジネスで活用するために経営者が知っておくべきこと

「とにかく人工知能を導入しなさい」と上司に言われた、と相談にいらっしゃる方が多いようです。しかし、人工知能と言っても様々ありますし、どういったことをするためには、どのような人工知能を導入し、そのためには何が必要なのか、などを経営者は理解しておく必要があるのではないかと思います。2018年5月に感性AI株式会社を大手鉄道会社との共同出資により起業し、最高執行責任者に就任した講師ならではのお話を、会社の取り組みのご紹介とともにお話しさせていただきたいと思います。

講演ジャンル

老若男女誰でもわかる人工知能

人工知能って何でしょう。耳にすることは多いのですが、よくわからないし、人工知能の本は数式やプログラミングについての理系の本だったり、ビジネス書だったりして、多くの方にとっては、とっつきにくい話のように感じられているようです。「人工知能がほぼほぼわかる本」という数式がほとんどない、イラスト満載の本を執筆し、情報番組からバラエティ番組や子供向けラジオ番組などで幅広く活動している女性大学教授ならではの語り口でお話しさせていただきたいと思います。

講演ジャンル

人工知能を研究してわかる人間の面白さ

人の言葉を使える能力や五感や感性について関心をもち、もともと文系分野の勉強を
していました。人間のような人工知能を作ろうとするとき、このような分野で勉強したことが役に立ちました。人工知能の研究をしている人の中には、人間には関心を持たずに人工知能の開発をしている人もいますが、人間のような人工知能を作ろうとすることで、もっと人間のことがわかるのではないか、と思っている私のような人間もいます。人工知能と人間の違い、人工知能の研究を通してわかった人間のすごさや面白さについてお話ししたいと思います。

講演ジャンル

人工知能と共存する未来について考えよう

「人工知能」という研究が誕生したのは実は1956年で、その後、段階的な進化をとげ、今は第3次AIブームを迎えています。2045年には人間を超えると言われている人工知能ですが、これからの世の中はどのようになっていくのでしょうか?人工知能やロボットは、私たち人間が抱える問題を解決してくれるのでしょうか?前人未到の超高齢社会を迎えている私たちの社会を救うことができるのでしょうか?人工知能と共存する未来がどのようになるのか、どのように共存していったらいいのか、ご一緒に考えてみたいと思います。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop