ヘルプ
武田美保

プロフィール

日本人個人が持つメダル数は、歴代NO.1タイ。
5歳から水泳の名門、京都踏水会にて水泳を始め、7歳からシンクロコースに転向する。13歳の時に井村シンクロクラブに移籍し、ジュニアの日本代表に入る。17歳でナショナルA代表となり、1997年よりデュエットに取り組み、その後日本選手権7連覇を達成する。2001年世界水泳福岡大会では、チームデュエットで堂々の金メダルを獲得し、アトランタ、シドニー、アテネの3つのオリンピックで、銀・銅合わせて5つのメダルを獲得する。
引退後、テレビ・CM出演、講演、イベント、シンクロを用いたショーなど、様々なジャンルで活躍し、マッスルミュージカルや松任谷由実「YUMING SPECTACLE SHANGRILAIII」にも出演し、シンクロで培った経験を生かし、エンターテイメントとして感動と美しさを世の人々に送り届けている。また、アメリカでピラティスインストラクターの公認資格も取得し、新たなジャンルにも挑戦している。
2013年には、第2次安倍政権下での教育再生実行会議の有識者委員となり、教育改革に携わる。

出身地

  • 京都府

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • オリンピック / 経験 / スポーツ

主な講演テーマ

夢を追いかけて

オリンピックで通算5つのメダルを獲得した、シンクロという競技でのでの「世界一への挑戦」とそれを支えたモチベーションの維持や挑戦することの大切さ、オリンピックなど大舞台を渡った栄光の架橋の裏に隠された苦労や素顔をお話しします。

講演ジャンル

私のシンクロ人生~五輪が教科書~

子供の頃、水泳を習っていた少女がどのような背景でシンクロと出会ったのか?
シンクロ選手として決して期待されていなかった選手が厳しいコーチの指導でオリンピック選手になるまで自身の目標設定と、母親の影響。
3回出場したオリンピックにそれぞれどのような気持ちで挑んだのか?
メディアからのプレッシャーやコーチ・先輩・後輩との関わり方、集大成として挑んだ3回目のオリンピックで観衆の心を掴んだ意外な日本的表現などについてお話しします。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop