ヘルプ
青木幹晴

プロフィール

1955年(昭和30年)、愛知県豊橋市生まれ。1978年(昭和53)年、早稲田大学商学部を卒業。トヨタ自動車工業へ入社以来、人事部(海外事業関係)、経理部(債権債務管理)、財務部(輸出入経理)などの本社機能を経て、現場の本社工場・原価グループ(鍛造工場能率・製造予算管理、たな卸し本社工場事務局)、本社工場・生産管理室(車体・塗装・組立工場生産管理)、米州事業部(海外生産車の原価企画)、田原工場・原価グループ(成形工場能率・製造予算管理)、田原工場・生産管理室(エンジン・鋳造工場生産管理)などを経験。一貫してトヨタ生産方式の『石垣』ともいえる『生産管理・原価管理・要員調整』の実務を担当し、さらに『天守閣』としての『トヨタ生産方式現場改善』までを実践。トヨタ生産方式部過料自主研メンバー。『かんぱんのフローラックラベルへの活用』等で、多数の表彰を受ける。2004年、基幹職(課長級以上)のチャレンジキャリア制度(転出促進制度)に応じ、40代でトヨタ自動車を退職。退職後、オーエスジー株式会社へ入社し、トヨタ生産方式の導入に活躍。2007年、オーエスジーを転職し、豊田生産コンサルティング株式会社を設立。

出身地

  • 愛知県

依頼料

  • 30~60万円未満

キーワード

  • 人材育成 / 現場改善 / 豊田生産

主な講演テーマ

トヨタ生産工場のしくみ

トヨタ生産工場はトヨタ生産方式で成り立っています。そのトヨタ生産方式は、 1生産体制 2評価体制 3問題解決体制の3つから成り立っています。しかし一般には 1評価体制しか知られていません。そこで当講演において 1生産体制のみならず 2評価体制 3問題解決体制までも詳細にご説明してトヨタ生産方式の全体像を理解していただきます。

講演ジャンル

全世界での導入事例からトヨタ生産方式の本質を知る

日本・中国・韓国・ポーランド・インド等でのトヨタ生産方式の導入事例を紹介することによって、トヨタ生産方式の本質を理解していただく。どんな理論の講義より実際の改善事例を見ていただいた方が理解が早い。

講演ジャンル

世界最強のトヨタマンはいかにして育成されるか

トヨタ人事制度、社内教育制度等を詳細に説明する。さらに教育体制の中核である「中堅社員特別研修」を実際の事例も使って説明する。これにより最強のトヨタマンが育成される秘密をすべて理解することができる。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop