プロフィール

1951年5月 東京都新宿区生まれ
1975年3月 一橋大学経済学部卒業(竹中平蔵元大臣と同じクラブで活動)
1975年4月 三和銀行入行、堀留支店に配属
1977年 調査部に配属、エコノミストに
1985年 三和総合研究所調査部主任研究員
1989年 政府経済審議会委員(海部内閣)兼務
1990年 三和銀行資金為替部ニューヨーク駐在エコノミスト
1994年 三和銀行資金為替部(東京)エコノミスト
1999年 三和証券(のちにUFJつばさ証券)調査部長
2005年 東海東京証券理事、チーフエコノミスト
2014年5月 東海東京証券退職、以降、独立してエコノミスト

2001年9月 WTCにて「9.11同時多発テロ」に遭遇

著書『ドル落城~ついに日本経済が目を覚ます』(2003年、講談社)
共訳著 ジョセフ・サックス『レンブラントでダーツ遊びとは』(2001年、都留重人監訳、岩波書店)

日経ヴェリタス・エコノミスト・ランキング18位(2014年)

出身地

  • 東京都

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 国際経済 / 政治 / 株

主な講演テーマ

波乱の幕開けとなった2016年のマーケット

・戦後初となる大発会から株価6日続落。世界の株価も下落。震源は中国、原油。
・原油価格が30ドル割れ、産油国、資源国に深刻な打撃。「逆石油危機」。
・米利上げ後、人民元や新興国通貨が大きく下落、債務負担膨張。
・二つの米国、新保守派(ネオコン)の勢力増大が混乱のマグマ。

講演ジャンル

米国に狙われた中国

・未熟な中国に対し、米国はあえて条件付きで人民元のSDR構成通貨容認。
・IMF、米国は中国に為替、資本の自由化を求める。意図的に中国を混乱。
・中国経済を悪化させ、軍事余力低下を画策するネオコン。
・デフレ(PPIは46か月連続下落)対策に行き詰まる中国、人民元安の功罪。

講演ジャンル

衆参同日選挙に持ち込みたい安倍政権だが

・安倍の選挙対策着々~維新分裂、橋下取り込み。民主分断、前原取り込み。補正予算、日銀追加緩和で株価2万円シナリオ。そこで同日選挙、候補者たてられない野党をしり目に。消費税再延期。
・ネオコンに支えられる政権。安保、TPPの実態隠し。管理できない原発に固執。
・株価下振れリスク。アベノミクスの失態露呈。リフレ派消沈。同日選はまだ??

講演ジャンル

OPECカルテル機能不全で原油続落

・仕組まれたサウジ・イラン紛争(陰でモサド、ネオコンの暗躍)
・スンニ派シーア派の対立で、OPEC分断、カルテル崩壊。
・原油価格底なし(10ドル原油説も)、ロシアなどの経済危機画策。
・中国の資源国への支援、不良債権に。
・Isへの空爆を望まない米英、トルコとスンニ派。関心をそらす。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop