ヘルプ
鈴木中人

プロフィール

1957年年愛知県生まれ。81年デンソー入社。92年、長女の小児がん発病を機に、小児がんの支援活動やいのちの授業に取り組む。2005年、会社を早期退職して、いのちをバトンタッチする会を設立。09年、ライフクリエイト研究所を設立。

いのちのバトンタッチをテーマに、いのちの輝き、家族の絆、生きる幸せ・働く喜び、良き医療などを全国に発信する。いのちの授業や研修には20万人が参加。

ドキュメンタリー映画「四つの空 いのちにありがとう」のプロデュース、「小児がんを知り いのちの大切さを 学校で学ぼう」プロジェクト、定期購読誌「いのちびと」の編集などにも取組む。

・「6歳のお嫁さん~亡き娘から託されたいのちの授業」(2009年 実業之日本社)
・「人生のそのときに心に刻む10のこと」(2011年 致知出版社)
・「いのちのバトンタッチ」(2003年 致知出版社)
・絵本「6さいのおよめさん」(2014年 文屋、サンクチュアリ出版)

出身地

  • 愛知県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 命 / がん / 医療

主な講演テーマ

いのちの授業~いのちのバトンタッチ

小児がんの少女と家族の姿を通じて、いのちの大切さや家族の絆をみつめます。誰もが感動できる最もポピュラーな内容です。

講演ジャンル

いのちの授業~いのちを大切にする心を育む

いのちの活動での実体験(子どもや親からのメッセージ、エピソード)をもとに、いのちの授業に加えて、いのちを大切にする心を育むためのポイントを語ります。

講演ジャンル

がん教育を『いのち』学ぶ場に~実践、『いのちの授業』づくりのポイント

いのちの活動や小児がん支援体験をもとに、いのちの教育・がん教育を実践するに当たり、心に届く授業づくりのポイント(授業の意味、心すること、具体的な授業事例等)を語ります。

講演ジャンル

いのちと医療介護

小児がんの闘病・死別、グリーフケア、いのちの教育、介護体験などをもとに、患者家族の目線から、患者家族の思い、良き医療介護、専門職としての使命などをみつめます。

講演ジャンル

生きる幸せ、働く喜び

講師の実体験(企業人、闘病死別、早期退職、起業)をもとに、自分の変え方、働く意味、人間関係、気の持ち方、家族、幸せなどをみつめます。ワークアンドライフバランス、メンタルケア、モチーベーションなどのテーマも含み、企業研修として非常に高い人気があります。ワークショップも取り入れたセミナーも可能。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop