ヘルプ
響野なおこ

プロフィール

1974年生まれ。
横浜市の公立小学校にて18年間の教員生活を歩む。学校図書館担当、司書教諭として校内のみならず、区・市の学校図書館研究会で研修・実践を積んだ。「国語教育学会」「生活指導協議会」「学力の基礎を鍛えどの子も伸ばす研究会」等の民間教育団体に所属し、国語科単元学習づくり、学級集団づくり、基礎学力づくりにも力を入れた教育実践を残した。
その中で、4,5年生になり、国語の教科書に掲載されている文章の理解が困難な児童に多数出会い、これまでの読書指導の課題を見出した。そこで、自ら低学年を中心に、読書に重点を置いた学級づくり・授業づくりを実践。絵本を中心に、国内外の多くの児童書を教育の立場から選び、絵本の読みきかせを毎日続けることで、読む力(国語力)、聞く力(コミュニケーション力)、自己分析の力(興味・関心に気づく力・本を選ぶ力)を育ててきた。学級での読みきかせはのべ400冊を超えた。
テレビのない、読書環境を整えた家庭では、『ぐりとぐら』と同じ、「お料理すること食べること」が大好きな、二児の母。
現在、絵本コンシェルジュ・教育コンサルタントとして、読書指導・教育相談・子育ての悩み等について、様々な角度から、お話、お答えしている。
お茶会・講演会・セミナー等で、パワーあふれる「なおこ先生」として慕われている。

出身地

  • 神奈川県

依頼料

  • 30万円未満

キーワード

  • 絵本 / 子育て / 教育

主な講演テーマ

絵本を楽しむ黄金の7年間

2歳から8歳までの「絵本の読みきかせの驚異の効果」を、小学校教諭としての実践と、2人の子育て経験を踏まえてお話します。「読みきかせ」を通して読書習慣を身につけることで、語彙が増える・読み書き能力が身につく・コミュニケーションの力が身につく・集中力が養われる・想像力、思考力、判断力が育まれる・情緒が安定する・生きる力が育まれる、といった効果があります。学力が高まり、心のやさしい子が育ちます。

講演ジャンル

先生のための読書と教育

幼・保・小の先生方対象に、絵本の読みきかせのすすめ、本の選び方、読みきかせの仕方、読書の前に大事なこと、等をお話します。読書は学力に直結します。また、「読む力は生きる力」とも言われます。現場で即実践できるノウハウも盛り込みます。学校図書館教育についてや、小学校の担任として、司書教諭としての役割や実践についてもお話します。

講演ジャンル

絵本と子育て

絵本の読みきかせのひとときは、親も子もとても楽しくうれしいものです。しかしそれら宝の時間は長くは続きません。生活習慣を基本に、おうちでその日からできる「絵本の読みきかせ」の極意と驚異の効果をお話します。小学校教諭として出会った子どもたち、保護者の方々、2人の我が子から多くのことを学んできました。ともに学び、子育てを楽しみましょう。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop