ヘルプ
山口哲一

プロフィール

国際基督教大(ICU)高校卒。早稲田大学 在学中から音楽のプロデュースに関わり、中退。1989年、株式会社バグ・コーポレーションを設立。音楽プロデューサーとして「SION」「村上"ポンタ"秀一」のマネージメントや、「東京エスムジカ」「ピストルバルブ」「Sweet Vacation」など の個性的なアーティストをプロデュースする一方、音楽ビジネスとITに関する実践的な研究を行っている。プロデュースのテーマに、ソーシャルメディア活用、グローバルな視点、異業種コラボレーションを掲げている。2010年頃から著作活動を始め、国内外の音楽ビジネス状況の知見を活かし、音楽(コンテンツ)とITに関する提言を続けている。超実践型作曲家育成セミナー「山口ゼミ」で音楽家の育成を、「ニューミドルマン養成講座」では、デジタル時代に対応した音楽ビジネスを担う人材の育成を行っている。長年の音楽プロデュース、アーティストマネージメントの経験に加え、テクノロジーでエンターテインメントを拡張するエンターテック・エバンジェリストとしても活動中。SXSWのJAPAN HOUSEのCo-Founderを務めるなど海外市場に明るい。
エンタメ系スタートアップを支援するSMUAの実行委員長を務めるなど、スタートアップ事情にも詳しく、コンテンツビジネスの最先端状況をわかりやすく説くことができる。

出身地

  • 東京都

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 音楽 / IT / インバウンド

主な講演テーマ

「音楽体験を変えるストリーミングサービスについて識る」

Spotifyに代表される音楽ストリーミングサービスは音楽体験を大きく変えています。国内海外の現状と近未来の姿を誰にでもわかりやすく説明します。

講演ジャンル

「デジタルで変わるビジネス生態系」

デジタル化の進展、コンピュター(人工知能)の進化、SNSの普及は、あらゆる職業の価値の再定義、ビジネスの仕組みの再構築を促しています。デジタル化の実験場である音楽の例も引用しながら、これからのビジネスパーソンのマインドセットを伝えます。

講演ジャンル

「インバウンドにおけるエンタメ活用法」

2020年東京五輪に向けてインバウンドの重要性が高まっています。文化を観光に活かすことがこれからの日本社会に必要なことは言うまでもありません。オンラインサービスから、地方創生まで、インバウンド施策を具体例を交えてコンサルティングします。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop