ヘルプ
小酒部さやか

プロフィール

日本人で初めて女性の地位向上などへの貢献をたたえる米国務省「世界の勇気ある女性賞」を受賞。自身の受けたマタニティハラスメント被害の経験をもとに、マタハラNetを設立。女性をはじめ、高齢者、介護をしているなど、さまざまな状況の人たちが、働き続けることの出来る思いやりのある社会を目指し、多様な働き方を実現できるようさまざまな活動を行っている。

国際平和や社会正義・倫理問題を研究する機関「カーネギー・カウンシル」上級研究員の取材を受けるなど、国内・海外を問わず多数のメディアに注目されている。The International Visitor Leadership Program (IVLP)修了。著書に「マタハラ問題」(筑摩書房)。

出身地

  • 神奈川県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • ワークライフバランス / コンプライアンス / メンタルヘルス

主な講演テーマ

マタニティハラスメント(マタハラ)総論

マタハラの専門家として、国内トップの被害事例数・データ蓄積量を分析し導き出した、マタハラ問題の構造と、企業でマタハラを起こさないための正しい対処方法をお伝えします。

・マタハラとは
・マタハラ2つの根っこ
・マタハラ4類型
・マタハラを受けやすい5つのパターン
・女性が通るマタハラ3つの関所
・マミートラック
・4類型別ブラックマタハラ事例
・グレーマタハラ事例
・ダイバーシティが進む企業でも起こるマタハラ事例と正しい対応法(条件面でのマタハラ)
・データで見るマタハラ被害実態

講演ジャンル

マタハラ関連の法律・制度

育児介護休業法・男女雇用機会均等法の改正により、2017年1月より企業にマタハラ防止措置が義務付けられる予定であり、企業は管理職へのマタハラ防止研修実施や相談窓口の設置が求められる事になります。
この講演では、法改正のポイント、対策についてお伝えします。

・今までの法律と制度
・2017年よりマタハラ防止対策が企業に義務化→その内容や改正のポイント
・マタハラNetが法改正に要望して来たこと
・原職、原職相当職への復帰ルール

マタハラ解決を切り口にした働き方改革

政府が本腰を入れて対応に乗り出したマタハラ問題。
なぜ、今マタハラが話題となっているのか。その問題構造を紐解くと、超少子高齢化、労働力不足といった日本の直面する様々な経済問題との根深い関係、そして働き方改革の必要性が見えてきます。

・なぜ今マタハラが話題に?~マタハラ問題から見る働き方改革の必要性~
・人口ボーナス期オーナス期の働き方
・三大ハラスメントとファミリーハラスメント~マタハラ解決が働き方改革のカギ~

講演ジャンル

マタハラ解決から導くダイバーシティインクルージョン

マタハラNetでは、「ダイバーシティインクルージョン」こそがマタハラ解決の鍵であり、労働力不足が深刻化する日本において、企業が優秀な人材を確保するために欠かせない「経営戦略」であると考えます。その内容と共に、先進企業の取り組みについてお伝えします。

・ハラスメント会社からダイバーシティインクルージョンまでの5Step
・ダイバーシティマネジメントとインクルージョンの違い
・マタハラVS逆マタハラに見るインクルージョンの必要性
・ダイバーシティインクルージョンがマタハラ解決のカギ
・先進企業の事例に見るダイバーシティインクルージョンの方法

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop