ヘルプ
桧山進次郎

プロフィール

東洋大学2年生時に首位打者を獲得。
4年生春には、主将としてリーグ優勝に貢献する。
1991年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。
1992年5月30日甲子園の対巨人戦に6番ライトで初出場、この年ウエスタンで9本塁打。
2002年4月23日に通算100号ホームラン達成。
2001年から2003年までの3年間選手会長に就任。
阪神タイガースでは、藤田平氏、掛布雅之氏に次ぐ日本人左打者3人目の20本塁打以上をマーク。

出身地

  • 京都府

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 野球 / メンタルヘルス / リーダーシップ

主な講演テーマ

代打の神様と呼ばれて?一打に賭けた男の哲学?

現役時代「代打の神様」と呼ばれ、阪神タイガースを支え続けた桧山進次郎。
人の代わりに打ち、結果を残し続けた彼が、「一打席に懸けるメンタリティ」や「緊張感との正しい向き合い方」を語ります。

講演ジャンル

生え抜きタイガースから教わったこと

東洋大学卒業後、ドラフト4位で阪神タイガースにニュ弾した桧山ですが、周りからの期待に応えられず数年間はうまく結果を残すことが出来ませんでした。
しかし桧山は自分の弱点と向き合い地道な基礎トレーニングを重ね、4番バッターとして、選手会長としてチームを引っ張る存在にまで成長します。
多くの挫折と克服を繰り返してきた桧山が自らの経験を基に前向きなメンタルを保つ術をお話致します。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop