プロフィール

1976年 モントリオールオリンピック4位(全日本男子)
現役時代はセッターとして活躍する。1980年からは監督兼任。1991年選手を引退し、
監督専任となった。1997年、Vリーグ女子・東洋紡オーキス監督に就任し、就任2年目でVリーグ初優勝、日本リーグ時代を通じて初めて、自分の指揮する男女チームを優勝に導いた。2003年2月に全日本女子チーム監督に就任し、低迷していたチーム復活の立役者としてアテネ・北京、2大会連続でオリンピックへと導き、「復活請負人」と呼ばれた。現在は、2010年に関西を拠点に五輪出場経験者らで「アスリートネットワーク」を立ち上げ、次世代にスポーツの魅力を伝えていく活動を行っている。

出身地

  • 大阪府

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • バレーボール / チームワーク / リーダーシップ

主な講演テーマ

人生、負け勝ち

勝負哲学は負け、勝ちだ。人生も同じ。勝ち負けではない。
負けが最初、負け勝ちなのだ。バレーボールでも、社会生活でも、勝つ事は大切
だけれど、負けた時にどうするかというのはもっと大切な事だ。勝っている時、必ず
「負ける芽」を育んでいる。そして負けの中には次につながる「勝ちの芽」がある。
柳本が8年間全日本女子バレー監督を通じて得た、勝負哲学、組織作り、コミュニケーションの重要性などお話します。

講演ジャンル

ここ一番で力を発揮するには

長年監督として実業団チーム、全日本女子チームを率いてきた柳本。
柳本流「組織作り」についてお話します。

講演ジャンル

力を引き出す-どん底から個人と組織を甦らせる

柳本が監督に就任した時、全日本女子は2000年のシドニー五輪は史上初の
予選落ちで五輪出場を逃し、2002年の世界選手権ドイツ大会では史上最低の
13位になるなどチームはどん底の状態であった。
この状態からアテネ、北京と2大会連続オリンピック出場と、どうやってチーム
を復活させたのかをお話します。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop