プロフィール

昭和51年NHK入局。「ウルトラアイ」「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」などの科学番組チーフプロデューサー、NHK解説主幹の後、2013年10月定年。テクノロジー、生命・脳科学、地球環境問題、宇宙開発など、「人類と科学技術文明」をテーマに論説を行い、子供向け科学番組「科学大好き土よう塾」(教育テレビ)の塾長として科学教育にも尽力。モンテカルロ国際映像祭金獅子賞、銀獅子賞・レーニエ3世賞・放送文化基金賞・上海国際映像祭撮影賞・科学技術映像祭科学技術長官賞・橋田壽賀子賞ほか多数受賞。現在、日本科学技術ジャーナリスト会議副会長。大正大学客員教授。東京都市大学特別教授、元NHK解説主幹。

出身地

  • 岡山県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 気候変動とエネルギー問題 / AIとロボット技術 / 脳科学

主な講演テーマ

人工知能とどう向き合うか

AI(人工知能)が社会に革命を起こしつつある。産業、経済、文化、あるいは自動運転によって交通や流通社会が激変しつつある。AIとは何か?AIで何が変わるのか?私たちはAIとともに、どのような社会をつくっていけばいいのか?人間の脳科学の最新成果も手掛かりにしながら、AIにどのように向き合っていけばいいかをお話しします。

講演ジャンル

気候変動とエネルギー問題

地球温暖化による気候変動の脅威が止まらない。世界は、パリ協定で低炭素社会を目指す道筋を提示したが、アメリカのトランプ政権の誕生などで未来は不透明。地球温暖化を食い止め、持続可能な人類社会の発展を実現するにはどうしたらいいのか?エネルギーはどうあるべきか?生物多様性を守りながら、人類はどのようなシナリオを描いていけばいいのか?最先端の科学情報を織り交ぜてお話しします。

講演ジャンル

どう克服?自動運転の壁

自動運転が急速に進んでいる。世界規模で、社会や産業が根本的に変化する革命ともいえる。しかし、「事故の時の責任問題」「テロやリスク管理」など自動運転には、様々な社会的課題も指摘されている。自動運転の可能性と課題とは何か?実現のために社会は何をどのように準備していけばいいのか?市民はどう向き合うべきか?最新の情報を織り交ぜ、自動運転の現状と未来、そして課題についてお話しします。

講演ジャンル

最新脳科学からみた未来社会

人間の脳には3匹の動物がすんでいる。「生存」(爬虫類の脳)、「感情」(馬の脳)、「知性」(ヒトの脳)が連携し、同時に働く脳は、AIと根本的に違うといえる。最新脳科学で、人間がモノを覚え、考え、計画し、創造するメカニズムが徐々にわかってきた。創造性をはぐくみ、脳を健全に育て、人間らしく生きることができる社会をつくるためには、脳の理解が欠かせない。ヒトの脳と心の仕組みはどうなっているのか?その可能性は?課題は?最新情報を織り交ぜて、脳科学から見た社会の在り方や教育の在り方についてお話しします。

講演ジャンル

ダイバーシティ社会をどうつくるか

地球上の3000万種の生物は、38億年の歳月をかけ、進化してきたが、一言でいうと「多様化」の歴史だった。多様性は、生物進化のキーワード。生き延びるための普遍的なコンセプトといえる。その多様化の精神が、社会の在り方や文化の在り方に取り込まれ、日本も大きく変わろうとしている。老人、障碍者、女性などの社会的弱者のパワーで社会を支え、「誰もが輝ける社会」を作らなければならない。最新の科学情報を織り交ぜ、ダイバーシティ社会の重要性と在り方についてお話しします。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop