ヘルプ
白木朋子

プロフィール

NPO法人ACE(エース)の共同創設者であり副代表。ACEは、すべての子ども・若者が、自らの意志で人生と社会を築くことができる世界をつくるために、子ども・若者の権利を奪う社会課題の解決に取り組むNPO。インド・ガーナ・日本を活動拠点に、子どもの「学ぶ」「笑う」「遊ぶ」当たり前の権利を奪う「児童労働問題」の解決に取り組む。
1974年宮城県仙台市生まれ。宮城学院高等学校、明治学院大学国際学部卒業。英国ロンドン大学東洋アフリカ大学院国際教養ディプロマ課程(開発学、比較文化学専攻)、英国サセックス大学・文化環境開発研究所(CDE) 開発人類学修士課程修了。大学のゼミでインドの児童労働を研究し、現地でのフィールドワークで働く子どもたちと出会い強い衝撃を受ける。その後、1997年大学在籍中に代表の岩附とともにACEを創業。開発援助コンサルティング会社での勤務を経て、2005年4月より現職。ガーナのカカオ生産地でのプロジェクト立案・実施、企業との連携による「チャイルドレイバーフリー」チョコレートの開発、サプライチェーンの労働・人権の社会監査、ビジネスと人権に関する研修・コンサルティングなどを担当。SA8000社会監査人コース修了。最近は持続可能な養殖業(ASC)の社会審査などにも従事。消費者教育、エシカル消費の普及にも携わる。著書に「子どもたちにしあわせを運ぶチョコレート。」(2015年、合同出版)ほか。

出身地

  • 宮城県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 女性が活躍できる組織作り / 子ども

主な講演テーマ

サプライチェーンに存在する人権問題

サプライチェーンの人権課題に企業が対応を求める流れは、国連「ビジネスと人権」指導原則で社会的責任として明確になり、その後の各国の法規制により、加速しています。欧州のサプライチェーンの人権デューデリジェンスを企業に求める流れは、日本企業にも影響を及ぼしています。人権課題は事業の継続性、ブランドのレピュテーションに対するリスクであり、情報開示をしていないこと自体がマイナスと捉えられる可能性があります。日本企業の競争力を世界的に保つために、いま企業に求められることは何か。ディープ・サプライチェーンに存在する児童労働問題を通じて考えます。

講演ジャンル

SDGs時代の今、企業に求められること~ビジネスとサステナビリティ、人権

2015年9月に国連総会で採択された「2030年までの持続可能な開発アジェンダ」、SDGsは、達成のためには国や政府だけでなく、企業などあらゆるステークホルダーの連携が必要とされる世界的な目標です。バリューチェーンにおける人権の課題や対応、業務との関連性を通じて、SDGs時代のいま、ビジネスにおける人権問題がなぜ重要なのかについて考えます。また、事業活動を通じたSDGsへの貢献とは何か、個人としてできることは何かを考えるきっかけをご提供します。

講演ジャンル

小規模組織でも実現できる!女性が活躍できる組織作り、「学習する組織」への挑戦

ACEは、組織の2トップである代表と事務局長が女性であり、幼い子どもの母でもあります。その他スタッフも多くが女性であるACEでは、産育休を取得し子育てをしながら勤務をしているスタッフも多く、テレワークや在宅勤務の導入を進めてきました。また、「学習する組織」についての学び・実践を組織全体で深めることで、組織力の強化にも努めています。
2016年には、国際協力NGOセンター(JANIC)による組織強化大賞の、「女性スタッフの登用・活躍部門賞」を受賞しました。
スタッフ20名弱のACEが実践した働き方改革のための施策と、女性が活躍できる組織作りのポイントをお伝えします。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop