ヘルプ
雨宮利春

プロフィール

昭和29年生まれ。昭和52年青山学院大学経済学部経済学科卒業。
商社にて営業本部マネジャー等を歴任後、経営コンサルタント・研修インストラクターとして平成元年独立。現在、コミュニケーション・対人折衝・プレゼンテーション・リーダーシップ等の技術指導を通じて組織の人財開発を支援する。新入社員から管理職まで幅広い階層と、一般社員だけでなく営業・販売職研修にも対応している。ビジネスマンの心の問題にも積極的に取り組み、若手ビジネスマンの相談にも親身に応じている。 経済産業大臣登録中小企業診断士 日本商工会議所認定1級販売士

出身地

  • 東京都

依頼料

  • 30万円未満

キーワード

  • 研修 / OJT / プレゼンテーション

主な講演テーマ

年上の部下との関わり方研修

◆研修の目的◆
高年齢者雇用安定法が改正され企業は65歳までの継続雇用を義務付けられました。そのため元上司が部下になったり、昔世話になった先輩が後輩になる現象が多くの職場で見られるようになりました。お互い気まずい雰囲気の中で仕事をすることになりがちですが、このような部下後輩とどのように関わっていったらよいのか、その関わり方について学びます。 (9時~17時) ◆研修のゴール◆
年上の部下後輩とも上手に関われるようになる
1年上の部下後輩と接する心構えを知る
2相手のプライドに配慮した関わり方を知る
3年上の部下後輩のやる気を引き出すスキルを体得する

講演ジャンル

思考力強化研修

◆研修の目的◆
過去の延長ではやっていけない激変の時代にはゼロベースからの思考法が求められます。情報を的確に把握し、そこから何を読み取るか、そしてどのような戦略を導き出していくのか、まず情報力を強化しなければなりません。そのための論理的思考法と創造的思考法について学びます。 ◆研修のゴール◆
入手した情報から的確な戦略を導き出せるようなる
1入手した情報を的確に分類整理できるようになる
2論理的な思考力が身に着く
3固定観念にとらわれない柔軟な思考力が身に着く

講演ジャンル

ビジネス文書作成のポイント研修

◆研修の目的◆
ビジネス文書は分かりやすく簡潔に書かれなければなりません。分かりやすいとはビジネス文書の基本フォームに則り、話を論理的に組み立てることです。本研修では論理の組み立て方と、社内文書・社外文書の基本的フォームを理解し、だれでもその日から実務文書が書けるようになることをめざします。 ◆研修のゴール◆
分かりやすく簡潔なビジネス文書が書けることを目的とします。
1話を論理的に組み立てられるようになる
2ビジネス文書の基本フォームを理解する
3実務に直結した各種ビジネス文書が書けるようになる

講演ジャンル

営業の基本研修

◆研修の目的◆
環境が大きく変化する時代は、営業も従来のままというわけにはいきません。そこで今時代がが求める営業とは何かを理解し、そのための基本的なスキルを体得します。営業初心者、これから営業職に就く人にも理解できるよう、講義だけでなく体験を通じて学ぶ実践的な研修です。

◆研修のゴール◆
お客様から信頼され、自立した営業になるよう以下のことを目的とします。
1御用聞き営業から提案型営業ができるようになる
2お客様自身が気づいていない潜在的ニーズが把握できるようになる
3お客様をその気にさせる提案ができるようになる

講演ジャンル

クレーム対応実践トレーニング研修

◆研修の目的◆
組織の倫理が問われるのが今の時代。それだけに誤ったクレーム対応は組織にとって致命傷にもなりかねません。しかし、ピンチはチャンスといわれるようにその対応の仕方如何ではクレームもチャンスとして生かすことができるのです。本研修ではクレームへの対応法からその生かし方について学びます。
◆研修のゴール◆
クレームに自信をもって対応できるようなり、さらに生かすことができるようになります。
1ピンチをチャンスに変える基本的対応ステップを理解する
2感情的な顧客に対しても冷静に対応できるようになる
3無理難題に対する毅然とした断り方を体得する

講演ジャンル

聴衆をその気にさせる説得術

■ セミナーのねらい
2020年東京オリンピック招致がついに決定しました。その決定に滝川クリステルさんたちの最後のプレゼンテーションが大きな影響を与えたことは事実でしょう。日本人のプレゼン能力もここまでのレベルに達したかと感心させられます。しかし、いつの時代にも人前で話すのが苦手という人はいます。どんなにデジタル機器が発達しようと大勢の前に立つことに恐怖を感じる人は必ずいます。むしろ、実際にはそのような人の方が多いのではないでしょうか。
しかしながら人前で話す機会は必ずあります。それはビジネスの世界はもちろんのこと私生活においても決して避けることはできません。だからこそ人前に立ったら上手に話したいと誰しもが願うのです。ですが、そこに問題があるのです。プレゼンテーションそのものは目的ではありません。それはあくまでも手段なのです。我々のプレゼンは聞き手がその気になってくれればOKなのです。つまりプレゼンは聞き手をその気にさせるための「手段」なのです。
それなのに、我々はどうしたらプロの噺家やアナウンサーのように流暢に話ができるのかと涙ぐましいまでの努力をします。でも少しくらいの努力をしても決してプロの噺家やアナウンサーのように話せるわけはありません。そんなに簡単にできるくらいならプロはいりません。
もちろんプロのように話せるにこしたことはありませんが、プレゼンの目的を考えたときそのための努力に多大の時間を費やさなくてもよいのです。本番ではあがったっていいのです。汗びっしょりかいたり、膝がふるえたり、声がひっくりかえってもいいのです。聞き手がその気になってくれればそれでよいのです。
近年は情報機器が発達したことによりプレゼンべたでもきれいなスライドを駆使して、見栄えのよいプレゼンを行うことができるようになりました。確かにこれはプレゼンべたにとっては福音です。しかしながらスライドに凝りすぎるあまり、結局何がいいたいのかわからないというプレゼンが増えているのも事実です。いくらスライドがきれいでも聞き手をその気にさせることができなければ、やはりプレゼンとしては失敗なのです。
そこで本セミナーでは、どうしたら素人でも聞き手をその気にさせるプレゼンができるのか、そのための具体的なノウハウをすべて開示します。プロのように話ができなくとも、その気にさせてしまうプレゼンスキルを素人のためにわかりやすく解説します。研修・セミナー講師として20余年活躍してきた筆者が実際の体験の中から開発した絶対に使えるスキルを、プレゼンが嫌で嫌でたまらない人のために今回初めて公開します。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop