プロフィール

1974 年生まれ。京都大経済学研究科修士課程修了、英カーディフ大ジャーナリズム学部修士課程修了。新聞記者を経てイラク戦争を機に独立。イラク、ソマリア、スーダン、ウガンダ、ブルキナファソ、ケニア、カンボジアなどの紛争地や経済貧困地域を回り、国内では、戦争体験者や野宿労働者、東日本大震災被災者たちの取材を重ねてきた。命の有限性と継承性がテーマ。近年では滋賀県東近江市永源寺地域をはじめ滋賀県や東北被災地、東京などで看取り、在宅医療、地域まるごとケアの撮影に力を入れている。
滋賀・永源寺地域を舞台にした写真絵本シリーズ『いのちつぐ「みとりびと」第1集』(農文協、4巻)で2012年度けんぶち絵本の里大賞を受賞。その他、2011 年度上野彦馬賞グランプリ、コニカミノルタ・フォトプレミオ2010、ナショナルジオグラフィック国際写真コンテスト2009 日本版優秀賞など受賞。
最新刊に、東北被災地を舞台にした『いのちつぐ「みとりびと」第2集』(農文協、4巻)や『ご飯が食べられなくなったらどうしますか? ~ 永源寺の地域まるごとケア』(農文協、花戸貴司医師との共著)、『アンネのバラ~40年間つないできた平和のバトン』(講談社)。その他の著書に『家族を看取る』(平凡社)、『証言 沖縄戦の日本兵』(岩波書店)、『3・11 メルトダウン』(凱風社、共著)、『TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集』(第三書館、共著)、『子ども・平和・未来 21 世紀の紛争』(岩崎書店、共著全5巻)などがある。

出身地

  • 兵庫県

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • 写真家 / 命生

主な講演テーマ

写真が語るいのちのバトンリレー ~ 被災地、紛争地、在宅看取りの現場から

イラクやソマリア、スーダンといった紛争地の「冷たい死」や、東日本大震災などの被災地での「悲しい死」を数多く取材するにつれ、在宅医療ケア・看取りの現場での「あたたかい死」をも撮るようになりました。命は有限でありながらもその死に際して、自身の生命力という命のバトンを残る者に手渡し得る―。有限だからこそ、つなごうとする―。数々のエピソードと写真スライドを通して、生の重みと命のバトンリレーについてともに考え、生きる意味を見詰めなおす機会にしたいと思います。

講演ジャンル

いのちをつなぐということ ~ あたたかな看取り、在宅医療、地域包括ケアの現場に想う

人類史上例のない超高齢社会を迎えた日本において、私たちはいかに望ましい形で死を迎えるのか。日本人の7、8割が人生の終幕を自宅で迎えたいと思いながら、実際には9割弱が自宅外で亡くなっているのが現実。しかしその一方で、家族やご近所さん、往診医や訪問看護・介護職たちの支えもあって、本人の望み通り最期まで自宅など住み慣れた場所で過ごして、逝く人たちもいます。そんな「幸齢者」は、代々受け継ぎ自らも長年蓄えてきた生命力を看取る者に手渡すように、旅立ちます。「あたたかい看取り」の現場や、みなが安心して生き切ることのできるインクルーシブな地域づくりを、写真スライドとエピソードを通じて紹介し、命のバトンリレーとその実現性について考えてみたいと思います。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop