ヘルプ
建山義紀

プロフィール

サイドスローから繰り出すキレのある直球とスライダーを武器に、北海道日本ハムファイターズ、メジャーリーグでも活躍した名セットアッパー
1998年ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。2003年はストッパーとして15セーブ(防御率2.17)、2004年からはセットアッパーに定着し、同年13ホールドで最優秀中継ぎ投手を取得、2006年はチームのリーグ優勝、日本一に貢献。
2010年オフ、FA権を行使しアメリカ・メジャーリーグのテキサスレンジャーズに入団。2011年5月にメジャー初セーブ、6月にはメジャー初勝利をあげる。同年、チームはアメリカンリーグチャンピオンに輝く。
その後、2013年にNYヤンキースへ移籍、2014年6月に日本球界復帰(阪神タイガース)。2014年シーズン終了後、現役引退を表明。野球解説者として活躍中。

出身地

  • 大阪府

依頼料

  • 別途ご相談ください

キーワード

  • プロ野球 / メジャーリーグ / 挑戦

主な講演テーマ

Challenge Spirit ~挑戦し続ける心~

北海道日本ハムファイターズの名セットアッパーとして活躍した建山義紀。2010年にFA宣言しアメリカ・メジャーリーグに挑戦。プロ野球選手の中ではベテランといわれる35歳の新たな挑戦でした。「挑戦なくして成長なし」という建山自身の信条を中心に、日米の野球や文化の違いなどをエピソードを交えて講演します。

講演ジャンル

勝利への橋渡し~セットアッパーの役割~

野球においてのセットアッパーとは投手リレーにおける「中継ぎ」の役割。数年前までは先発投手や抑え投手に比べ目立たぬ地味な存在と見られていました。しかし、近年ではチームの勝利のためには欠かせない存在として評価されています。長年セットアッパーとして活躍した建山義紀の「セットアッパー論」を中心に、講演します。

講演ジャンル

ご相談は、いつでも無料です

DMM英会話やDMM FXなど
CMでもおなじみのサービスで実績があるDMMにおまかせください。
「どんな人を呼べばいいか分からない...」という方もまずはお気軽にご相談ください。

03-5797-8924

受付時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

pagetop